放射線治療のメリット

医者

がんには、大腸がんや、肺がん、胃がん、すい臓がんなど、幾つもの種類があります。これらのがんは、良性か悪性かによって、その危険性は変わります。悪性のがんの場合、進行が進むと、発生した場所から、全身の臓器や細胞に転移してしまう可能性があります。転移が進んでしまうと、完治させるのがとても、難しくなります。病気の治療を効率良く行なうためにも、治療を早期に行なう必要があるのです。早い内に治療を行なわなければ、命にも関わります。病院などで、定期的な健康診断や人間ドッグなどを受けることが大切です。日頃から身体の健康に気を配り、メンテナンスを行なうことで、病気の早期発見、早期治療を行なうことが出来ます。

がんの治療方法には手術療法や抗癌剤治療、化学療法などいくつかあります。中でも、がんに対して効果のある治療法とされているのが、放射線治療です。放射線治療は、欧米諸国ではがん患者の半数が利用しているポピュラーな治療方法です。国内でも放射線治療を導入する病院やクリニックは増えてきており、全国各地でも気軽に放射線治療を受けることが出来るようになっています。放射線治療は、切開を必要としない治療なため、患者さんの心身への負担が少ないというメリットがあります。また、病院の担当する医師の治療方針によっても違いますが、放射線治療の殆どが、通院しながら治療を受けることが出来ます。入院する必要がないため、今までと同じ日常生活を過ごしながらがん治療を行なうことが出来るのです。最新の放射線治療を理解して、がん治療の参考しましょう。

転移を防ぐ方法

女性

癌は発見が遅れて、症状が進行してしますと、治療が難しくなります。悪性の癌の場合、発生した場所から、血液やリンパ液とともに、全身に転移します。転移する症状になる前に検査を受けて早期発見を心がけましょう。

早期発見がポイント

病院

すい臓はその位置関係から、すい臓がんを発症しても、発見しにくいという特徴があります。すい臓の周囲には血管やリンパ節が多いため、発見が遅れてしまうと、全身に転移してしまいます。早期発見をすることが重要です。

がん死亡者が増加している

女性

日本人の死亡率はがんがトップになっています。食生活やライフスタイルの変化によって大腸がんやすい臓がんが増加しています。がんは早期発見をすれば直る病気となっていますので定期的に検査を行うことが重要です。